忍者ブログ

お知らせ

   
石田倉庫NO.5アトリエ現代美術家の茂井健司さんはガラス素材を使ったインスタレーション作品を制作しています。
今回の「てとてとて」では、初めての試みで当ブログで募集したテキタイルアーティストの宇津木哲子さんとのコラボレーション制作を展開します。

茂井さんのアトリエで制作中の2人。両方向からヒモをぎゅーっとひっぱっていました。
作業中も和気あいあいとしていて、楽しそう。

ワークショップはガラスとステッチの家に窓を作ろう!好きなものを描いてステッチして完成!ガラスの家にあなたのステッチ作品を飾りにきてください。写真は作品10×10センチの小サイズ 300円の作品です。

時間:10:00~12:00・13:00~15:00
人数:常時10人程度まで
場所:NO.5の2階
料金:小300円 中500円 大700円

PR
Fe factory 鉄ボー 代表のNO.3アトリエの高井さんは石田倉庫内のアトリエメンバーのアーティストとのコラボレーションを進行中です。

写真は美術造形アーティーズの福本壱美さんとのコラボ作品。キャンドルを福本さんが、燭台を高井さんが制作しています。他にも高井さんはNO.5の現代美術家の宮坂省吾さん、No.3の葉画家の群馬直美さんと、コラボレーションをつぎつぎに展開します。
高井さんは石田倉庫歴16年のベテランメンバーで、ボールペンから鉄の柵や門戸など、小さいものから大きなものまでつくります。何度も手と手が動いて、カンカンと鉄を叩いて火花を散らし、道具を駆使して制作する姿は、ちょっとだけ、千と千尋の神隠しの「かまじい」に似ています。

高井さんとアーティストのコラボ作品は販売も予定しています。NO.3でかっこいい作品たちをぜひご覧ください。
NO.3の金属造形作家の関田孝将さんは物語にでてくるような雰囲気のアトリエスペースのいっかくで制作中です。

今回の「てとてとて」では関田さんは来場の皆さんとワークショップをおこないます。
固く扱いづらいイメージの金属での造形を感じてもらうのと自分で身の回りの道具をつくり、という感覚を感じてもらいたいです。

写真は関田さんにみせてもらった素敵な雰囲気のアルミのお皿。

「アルミのお皿をつくろう!」金属を木槌で叩いてまげて、形をつくります。
時間:14:00~(一時間程度)
人数:8名(当日10時よりNo.3アトリエで受付)
場所:NO.3アトリエの1階
料金:1000円

鈴木佳世さんは、赤ビル一階にあるpotter's studioの陶芸家さん。赤ビルの一階は子供陶芸でわらべうたが聞こえてきたり、お教室でみなさんが楽しそうに制作していたり、いつもほんわかとした雰囲気です。今回のオープンアトリエでは鈴木さんは、坂野いぶきさん、松本元明さんによるマヌーシュジャズを奏でるギターデュオgiguとのコラボレーションを進行中です。

"マヌ―シュジャズ"とは、フランスがルーツのジプシー・スウィング、ジプシー・ジャズともいわれ、ジプシーの伝統音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽で、フランスの酒場のような陽気な世界を奏でます。

鈴木さんがgiguのふたりの日常を、音楽&ストーリーあふれる陶芸の作品にして表現します。


当日はgiguのライブもあります♪♪ 陶芸の作品と一緒にお楽しみください。

場所:赤ビル1階potter's studioアトリエ 
時間:23日(土)24日(日) ともに 11:00~ 13:30~(各40分程度・投げ銭制)
定員:先着15名程度(オールスタンディング)

石田倉庫祭の今回のテーマは「てとてとて」 参加アーティストの手、来場者の手、大家さんをはじめとする石田倉庫アトリエを応援してくれる方々の手などが、つながりあってつくるオープンアトリエにしたいという目的と、ワークショップや展示を子供の「てとてと」した歩みのようにじっくりみて、アートに対する好奇心をより深めてほしい意図があります。 ただいま倉庫アトリエでは参加メンバー同士のコラボ、作家とゲストとのコラボ、フードのお店の打ち合わせなど、制作や準備がどんどんと進んでいます。当日のワークショップまでの準備や2日間の見どころなど直前情報を随時アップしていきますので是非ご覧ください。
↓↓ツイッターはじめました♪♪
@ishidasoko twitter
↓↓フェイスブックはじめました♪♪
石田倉庫 | Facebook
■ 2012アトリエ祭「第9回 石田倉庫のアートな2日間」
・日程  2012年 11月3(土) - 4日(日)
・時間  10:00~17:00(入場無料)
・場所  東京都立川市富士見町2-32-27 石田倉庫アトリエ
     (アトリエno.3, no.5, 赤ビル 及び敷地内)
・入場料 無料
・内容  アトリエ公開・作品展示、企画イベント(アトリエツアー、ライブペイント、ミュージックライブ、実演・ワークショップなど)
・2012年テーマ 「ナニココ?!」
・参加メンバー  内部16名 + 外部参加者数名
・事務局  080-3211-9820 http://www.ishida-soko.com
■ テーマ
第9回目となる今年のテーマは「ナニココ?!」
石田倉庫メンバーがいろいろなスタイルで、会場内に設置した約30メートルのボードにライブペインティングします!!来場者も参加自由。石田倉庫での思い出に「ナニココ?!』という気持ちを込めて、皆でひとつの作品を作ってみましょう。
/>
10月29日-30日「2011石田倉庫アートな2日間」が無事終了しました。

入場者カウントは3154名でした!

今年は、倉庫メンバーの展示、アトリエツアー、被災地とみなさんとを結んだ「らくがき塗り絵」企画、立川の地域企業とのコラボレーション企画、渡辺亮&BOLBOLETTAをはじめとするライブ企画、赤ビルのメンバーによるボディーペイント、バルセロナ横町のライブペインティングなど企画を盛りだくさんに行いました。

今年のテーマは「らくがき」でした。これらの企画に参加し、来場者みなさんが自分の中にあるアートを感じ、楽しんでもらえたでしょうか?
「らくがき塗り絵」に参加してくれたみなさま、もう少しでみんなの「らくがき作品」が届くのでお待ち下さい!

本日、「らくがき塗り絵」と赤ビルの「からだらくがき」の参加費を義援金として、みなさんの気持を込めて被災地に送ります。
被災地で参加してくれたみなさま、東京の会場で参加してくれたみなさま、
本当に感謝しています。ありがとうございました!

屋外での様子をアップします。



本日の一枚!!



石田 高章(石田倉庫の大家さん)
本日の一枚!

NO3 1F 長友 健司(AR,TEE'S)

イベントの準備作業中!
らくがきアートにご協力頂いた被災地大船渡から届いた、メッセージがしたためられた鯉のぼり。らくがき塗り絵企画には大船渡のみなさんにも参加して頂いています。
被災地の方々の思いをより近くに感じる為に、今回特別大船渡からお借りしてきました。
大切な鯉のぼりが濡れないように、沢山の方に見て頂きやすくする為に大きなパネルに貼ってラミネート作業する倉庫メンバーたち。
きれいな仕上がりで鯉も心なしかピチピチ元気に見えます!

完成!
本日の一枚



赤ビル 2F 清水 美和
本日の一枚!



NO5 2F 塩川 岳
本日の一枚



NO5 1F 山上一郎(家具工房 木とり)
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
石田倉庫の住人
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  -- 石田倉庫ニュース --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]